女性にとって、もしかしたら結婚指輪よりも婚約指輪のほうが大事だったりするかもしれません。

結婚指輪は、二人の絆の印ともいえますが、婚約指輪は彼からの愛の印、というイメージがあります。

また、比較的シンプルなものが多い結婚指輪に対して婚約指輪は大きな石で見栄えのするデザインのものが多いですよね。

立て爪のダイヤのリングが一番良くイメージされるものではないでしょうか。

といっても、とくにコレでなければいけないというものはないので石のカットも様々、小粒の石を組み合わせたメレ、枠にも石を散りばめたパヴェ、といった種類も人気があります。

もっとも、やはり人気はダイヤモンドとプラチナの組み合わせ。

婚約指輪で差をつけるの記事の中でも言われていますが、定番中の定番ですが、きらきらと輝くダイヤモンドは女性の憧れですね。

また、結婚指輪とセットになっているタイプも人気です。

結婚指輪と婚約指輪、併せて付けたいけれどちょっと違和感が…ということがなく、むしろ重ねづけした時にかわいく見えるものが主流です。

V字になっていたり、S字になっていたり。

重ねた時に角度がぴたっと合うものはつけていても気持ちが良いものです。

婚約指輪というと、結婚前までしかつけちゃいけないのかな?

と思う方もいると思いますが、そんなことはなく、結婚後も特にパーティの席などにつけていくにはきらびやかな婚約指輪はぴったりなのでぜひ活用してください。